TOP
    戻る

眼瞼痙攣(両側性)・顔面痙攣(片側性)

まぶしさや眼を開けていられない症状があったら、この病気を考えて下さい。
現在では、注射によって治療する事が出来ます。
初期症状はまぶたの不快感、まぶしさ、まばたきが多くなるなどがあります。
症状が進行すると、まぶたが頻繁に痙攣し、眼をうまく開けられないために、人や物に
ぶつかるなど、生活に支障が出るようになります。
自然に症状が改善する事はほとんどありません。
ボトックスの注射により、3〜4か月改善します。
効果の期間は人により、1年継続するかたもいます。
初診の患者さまは診察後、予約を取って頂きますが、再診の患者さまは電話にて
予約を取る事が出来ます。