逆さま睫毛(まつげ)

                     

  睫毛が角膜(黒目)に接することによって異物感や疼痛などを引き起こす疾患です。睫毛が角膜に接するためには,睫毛の生え方が角膜の方向(内側)に生えるか,睫毛が生えている瞼自体が内側に向いているかによって起こることが出来ます。睫毛自体の方向によって起こるものは睫毛乱生・睫毛内反,瞼が内側に向いているものを眼瞼内反といいます。特に生後間もない乳幼児などの逆さ睫毛は眼瞼内反で
睫毛の先ではなく腹で触っていることがほとんどで,
眼痛・涙目(流涙)などの症状が激しい場合を除いて
手術の適応になることは非常にまれです。乳幼児の場合
瞼の特に下瞼の脂肪が過剰なために眼瞼自体が内側を
向いているもので小学校入学時までにその脂肪も成人と
ほぼ同じになり,自然に瞼が外側を向いてきて,
自然治癒します.