先天的な涙目(流涙)・めやに(眼脂)

  新生児・乳児の場合乾眼(ドライアイ)はほとんどなく,むしろ涙目に注意を払う必要があります.この涙目は泣いたときにでるものではなく,平穏のときに潤んでいる状態のもので,ときに見逃している場合があります.普通めやにを伴いますので再発性の目やにはまずこの先天性鼻涙管閉塞を疑い,早期に治療をすることが必要となります.昔は自然治癒を狙って6ケ月,長い場合は1年様子をみる場合がありましたが,もし自然治癒が認められない場合は,膜様閉塞になったり涙嚢炎を併発することがありますので,現在では発見次第ブジーによって閉塞部を開口する必要があります.