コンタクトレンズと眼  

  コンタクトレンズは,角膜(黒目)の上に透明な素材でできたレンズをのせ,近視・遠視・乱視を矯正するしくみのものを言います.ハード・ソフト・酸素透過性のハードレンズなどの種類があります.最近では使い捨てレンズがでております.また乱視の入ったレンズなども市販されております.ハードレンス・酸素透過性ハードはサイズが小さく,角膜の上に乗るようになっています.ソフトレンズはサイズが大きく角膜と強膜(白目)の両方を被うようになっています.そのためそれぞれに眼にたいする影響も違ってきますので,注意事項を厳守の上装用をしなければ,重篤な合併症を惹起します.最近のコンタクト業界の過酷な競争のもとで十分な説明なしに商品として販売している場合も多く見られますので注意が必要です.コンタクトレンズはあくまでも眼にとっては異物であることを理解する必要があります.