花 粉 症

  アレルギー性結膜炎は上述しましたが,花粉症もこの病態に属する一疾患です.アレルギィー性結膜炎には季節性のものと通年性のものとがあり,この花粉症は季節性のものに入ります.両者の臨床像には差が見られませんので,病像のみから両者を区別することはできません.季節性アレルギィー性結膜炎(花粉症)の原因抗原はいろいろな種類の花粉であるわけですが,関東地方を例にとると2〜5月にはスギ科,5〜7月にはカモガヤ科,7〜9月にはブタクサ科,10〜12月にはヒノキ科と年中花粉の飛散が続く訳です.ただし,スギのみは北海道を除く全国の広い範囲で植林事業が行われた結果,多くの被害が発生している.自覚症状は痒み,涙目(流涙)異物感,目やに(眼脂)などである.治療法には,抗ヒスタミン剤やステロイド剤の点眼が行われますが,特にステロイド剤は眼圧の上昇を招きステロイド緑内障を惹起することがありますので,眼圧を注意しながら投与すべきであり,最近は耳鼻科や内科にてこのステロイドが投与される場合がありますので,患者サイドからの注意も必要です