老眼ていったい何者              

  皆さん近視・遠視・乱視という言葉は日常茶飯事のことのようによく耳慣れた言葉であると思われます.しかしそれを正確に説明できる人は非常に少ない事のように思われます.眼鏡店などで毎日専門に眼鏡を処方している方の中にも正確な説明を求めますと困惑する方も時にいらっしゃるくらいですから,皆さんがその本体を知らないのは当然といえば当然のことと思われます.ここで主には話すのは老眼(老視)についでですが,簡単に近視・遠視・乱視について触れてみたいと思います.専門の方以外に聞きますと,近視は近くが見えて遠くが見えない状態,遠視は遠方が見えて近方が見えにくい状態,乱視は物がだぶって見える状態などの答えが返ってきます.この答えには人間が物を見るときに働かせる調節という機能をまったく考慮していません.この調節力は眼球の内部に存在する内眼筋の働きによって行われる眼にとって非常に大切な働きの一つです.またこれがあるために眼の疲れ(眼精疲労)などが起こることになります.定義上は眼が無調節の状態で無限遠方の光が網膜の前方で焦点を結ぶ状態,網膜上で結ぶ状態,後方で結ぶ状態をそれぞれ近視・正視・遠視と定義しています.乱視は焦点が2種類以上で結ぶ状態を言っています.ここで調節に話を戻しますが,調節が働きますとこの焦点は前方に移動します.また調節の力(調節力)は若年者ほど大きく加令により減少することが分かっています.たとえば若年者で遠視があっても(遠視は焦点が網膜の後方で結ぶ状態)調節力を働かせることによって後方にある焦点を網膜上までもってくることが出来るわけです.言い換えるならば遠視があってもその遠視の度合いより調節力がゆうに勝っている場合は楽に遠方から近方まで見ることが出来るわけです.ここで本題であります老視について話を進めたいと思います.正視の人は遠方を見るときには楽な状態(自然な状態)つまり調節を働かせない状態で視力が1.2とか1.5などを見ることが出来ます.その人が近方(約33cm)で読書をする場合,3ジオプター(Diopter)の調節力を働かせています.もしこの人が現在の年齢が3ジオプターの調節を働かせることが出来ない状態か,もし働かせる状態でも非常に負荷がかかる状態であれば読書が困難となります.この状態を老眼と言っているわけです.つまり近視・遠視・乱視の如何にかかわらず老眼は40才を過ぎますと少しずつ誰にでも起こってくる老化現象なわけです.近視の人も当然老眼になるわけですが,近視の人は近方がより見やすいために眼鏡をはずせば見えるわけですが,近視の人でも遠方が完全にあっている眼鏡をかけた状態で読書を行いますと,見にくいという状態になるわけです.普段の近方(読書の距離)作業の長い方と短い方では老眼鏡装用の有無に差がでますが,明らかに装用が必要な方で装用せず日常生活を送っておりますと,全身に色々な不調をきたしてくることがあります.内科などで自律神経失調症や精神的な病気などと診断を受け,投薬まで受けており症状が改善しない患者様の中に老眼鏡装用によって,その症状が改善する場合もまれではなく見かけることがあります.勿論何らかの全身症状に対して内科にて精密検査をする必要があること言うまでもありませんが,内科的疾患が見当たらない場合には是非老眼の事を思い出していただきたいと存じます.近視の人は遠方の眼鏡が必要,遠視の人は老眼鏡が必要,近視の人は眼鏡をはずせば読書は可能.しかしよく考えてみれば,近視の人は遠用鏡が必要であるのに対し,遠視の人は老眼鏡ではなく近用鏡が必要であると理解することが出来るのであります.老眼鏡と言うから抵抗が倍増するわけです