白内障(白そこひ)
                 

瞳の奥に円盤状の透明の水晶体があります.その混濁を白内障と言っております.いろいろな原因で白内障は起こりますが,一番多いものに加令現象によって惹起される老人性白内障があります.通常老人性白内障は水晶体の周辺より車軸状に混濁がすすみ最終的には中心部に及びますが,中心部の混濁が起こるまでは視力に影響することはなく自覚症状もありませんが,中心部に起こってきますと霧視(霧を通して見る状態)が出現し初め,やがて明らかな視力障害となっていきます.治療は点眼療法・内服療法・手術療法がありますが,内服はあまり行われておりません.点眼療法で経過を観察し,ある一定以上の視力低下に対して手術療法を行います.白内障以外に視力に影響を与える疾患がない場合は手術により視力を完全に回復することができます。例えば緑内障があったり,網膜に病変が認められる場合はその程度によって手術後の視力に差が出ます.しかるに眼圧検査などを定期的に行っておく必要があります.手術の時期ですが,白内障によって他の病気が併発している場合を除き患者本人が日常生活上不便を感じる時期と考えてよいと思います.つまり運転手などは視力 0.7位でも手術をすることがありますし,画家なども色の判別が困難になれば,その時期が手術時期です.一般的には普段仕事もしていなく通常の生活を送っている場合は,視力0.3前後までまって手術するケースが多いようです.白内障手術の進歩は目覚ましいものがありまして,現在では手術時間も5分〜10分程度で日帰りにて手術することも可能になりました.私のクリニックでも多くの患者様が白内障の日帰り手術を受けております.
白内障手術時に移植(挿入)する人工水晶体(眼内レンズ)には。、単焦点・多焦点・乱視用のものがあり、多焦点レンズは老眼を治す事が出来るものです。現在保険適応外ですので、片眼30万の費用がかかりますが、術後眼鏡の必要が要らなくなる場合があります。